審査に通らないケースも多数あります

審査に通らないケースも多数あります

社会人になるとクレカを作成する人が増えます。このカードは誰もが作成できると思いがちですが、実は審査に通らないケースも多数あります。

 

実は私も一度クレカの審査に落ちた経験があります。ある銀行系のカードに申し込みましたが、残念ながら通りませんでした。

 

その時の私の状況は、結婚して仕事を辞めて無職状態だったことも影響していたようです。

 

主婦の場合は通らないケースもあることは聞いていましたが、やはり良い気持ちではありませんでした。しかし、その後の事ですが、数年後にスーパー系のカードで作成することができました。

 

やはりカード会社によって基準も違うようですし、主婦でもカード作成は可能ですから、一度ぐらい落ちたからといって諦めてしまわずに申込することが必要です。

 

主婦の場合は、個人的に作成が無理でもご主人の家族カード扱いで作成も可能です。しかし、個人的にクレカを保有したいと思いますし、私も自分名義のカードを保有していますが、自分の信用にもなりますから申し込んで良かったと感じています。さてカードの場合1番大切なのは自分自信の信用問題です。

 

例えば、支払を滞納していたりすると信用はなくなるため作成に影響を与えます。

 

何度も支払を滞納したりするとカード会社としても信用できない人間という評価をしてしまいますから、審査に通らない原因となります。

 

普段の生活に必要以上に神経質になる必要はありませんが、一般の常識範囲の生活を行うことが大切です。カードを保有することは自分の信用を証明することになりますし、いざと言うときに役立ちます。

 

そのためにも社会人になれば1枚は保有したいですし、普段の生活から注意が必要です。

 

最近では誰もが携帯電話を保有していますが、この携帯電話の支払いを滞納してしまう若者も増えています。

 

気軽に持てる携帯電話ですが、支払は必ず怠らないようにすることが必要です。自分の信用を得るために必要なことです。

 

【おすすめページ】⇒