色々な場所で利用する事が出来るし便利

色々な場所で利用する事が出来るし便利

クレカは1枚持っていると色々場所で利用する事が出来る便利なカードですが、作成する時に誰でも避けては通る事が出来ない関門が審査です。

 

この審査はクレカをこれから作ろうとする人が適格者で有るかどうかを客観的にカード会社が判定するもので、この審査をパスしなければ大抵の場合はカードを作る事が出来ない仕組みになっています。

 

しかし、カード会社やデザインなどの体裁にこだわりが無く、とりあえずどこの会社のカードでも良いと言うので有れば、絶対では無いとしてもパス出来る可能性を上げる事は出来ます。まず、クレカには大きく分けて3タイプに分かれます。

 

これは発行元がどこで有るかによって大別されます。銀行系と信販系、そして流通系の3つです。

 

大抵の場合、銀行が主体となって発行しているカードは作成が最も厳しく、正社員の人でも勤続年数が10年や20年勤めていないと作る事が出来ないゴールドカードなども銀行が発行している場合が多く有ります。

 

と言う事は、新入社員などの勤続年数がまだ短い人や、パートやアルバイトなどの非正規雇用に人など、初めてカードを作る様な人にとって作成はほぼ不可能と言えます。決して最初からこの様な所に間違ってでも申し込んではいけません。

 

奇跡的にゴールドカードを持つ事が出来たとしても年会費などが数万円掛かる場合が多く、逆に高い買い物になってしまう場合も少なく有りません。

 

最初にカードを作る場合には、可決率が高めの緩いカード会社が有るのでその様な所を狙って作る方が賢明だし、何回も否決されるとその記録は信用情報機関に一定期間残ってしまうので、作成する事がだんだんと難しくなってきます。

 

緩めのカード会社はコンビニやデパートの流通系です。パートやアルバイトなどの非正規雇用の人でも、定期的な収入が有る事を証明する事が出来ればカードを作る事が出来たと言う事が実際に有りました。

 

流通系のカードは年会費やカード作成費などが無料の所が多いのでお得です。

 

【おすすめページ】日本政策金融公庫の資金調達家